ナノスリックの特許について

特許の内容

エンジンオイルは、ベ一スオイルが80%、オイル性能を向上させる為の各種添加剤が20%加えられている。

しかし、これらの添加剤が、エンジンの稼働によって発生する高熱によって結合し、スラッジ(酸化重合反応)が発生する。

エンジンに投入されたナノスリックは、エンジン内の金属摩擦によって発生する光に反応して、光触媒効果を発揮し、発生したスラッジを分解させ、元の単一分子の状態に戻す。

つまり、分子の結合⇒分解⇒単一分子⇒分子の結合⇒分解⇒単一分子

の過程を繰り返す、セルフクリーニング効果で、スラッジの発生を抑制する。

スラッジの分解はするが、オイル全体の酸化を防ぐことはできない。

Youtubeで「性能実証動画」詳細を見る